ニキビ跡の原因

・ニキビは治せる!

思春期はとっくに終わったのに、今度は大人ニキビができてしまった・・・。
ニキビを発見すると、何とも憂鬱な気分になりますよね。
しかし、その内治ると油断をしてニキビを放置するよりも治療した方がいいでしょう

・せっかくニキビが治っても・・・

ニキビは、治ったあとでも周囲に跡が残る場合があります。
これをニキビ跡といって、ニキビによって周りの組織が痛んでしまったことなどが原因です。
なぜニキビにより周囲の組織が痛んでしまうのかというと、ニキビは炎症を起こし、放置をしているとどんどんと拡がっていくこともあるのです。

そのため、ニキビを発見したら早めに対策を取ることが必要です。
そうしないとニキビによる炎症が悪化していき、ニキビ跡も酷くなっていくかもしれません。
皮膚科に行ったり市販品を使うなどして、ニキビの早期治療を目指しましょう。

・ニキビ跡ができてしまったら?

もしニキビ跡ができてしまっても、必要以上に気に病む必要はありません。
ニキビと同様に、ニキビ跡も治療をすることができるのです。
病院で治療をする場合は、皮膚科に行きましょう。
診察後に薬を処方してくれます。

内服薬の場合と外用薬の場合がありますが、どちらにしろ用量を守り正しく使いましょう。
早く治したいあまりに用量を増やしても意味はありませんし、副作用の危険性が高まります。
またニキビ跡は、市販されている化粧品で治すこともできます。

ニキビ跡に効くというサプリメントもあるようですが、やはり皮膚科に行って薬を貰う方が良いと思います。
ニキビ跡に限った話ではありませんが、サプリメントは薬よりも治療に時間がかかる場合が多いです。

どうしても病院に行けない事情があったり、薬は副作用が怖いという方は市販品を使用してみてはいかがでしょうか。
何にせよ、ニキビ跡を作らないようにニキビの段階で早めに治療をするのが大切です。
ニキビは厄介な存在ですが、しっかりと関わっていきましょう。

食生活でニキビ跡を治す

・食生活の重要性

できれば、自分の好きな物や美味しい物だけを食べていたいですよね。
しかしそんな生活を続けていれば栄養が偏ってしまい、いろいろな病気の原因となってしまいます。
ジャンクフードなど油っぽいものばかり食べている場合は、ただちに食生活を改善しましょう。
食生活の改善は、さまざまな症状の改善にも繋がります。

・ニキビ跡

顔にできたニキビ跡。
早く治したいですよね。
ニキビ跡は、薬の他に食生活の改善によって治すことができます。
早く治したいという方は、食生活の方も見直してみませんか?
ニキビ跡に効果があると言われている成分には、以下のものがあります。

ビタミンC・・・ニキビといえばこれ。ビタミンCには、免疫力向上効果や活性酸素の除去効果があります。またメラニン生成抑制効果があり、それにより色素沈着を改善することが期待できます。ビタミンCが含まれている食べ物には、レモン・赤ピーマン・黄ピーマン・ゆずなどがあります。

ビタミンB2・・・ビタミンB2にはターンオーバー効果があります。ビタミンCと同じく、ニキビ・ニキビ跡改善に多く用いられている栄養素です。ビタミンB2が含まれている食べ物には、チーズ・納豆・卵などがあります。

ビタミンB6・・・ビタミンB6にも代謝効果があります。不足している場合は、意識をして摂取してみましょう。ビタミンB6が含まれている食べ物には、バナナ・マグロ・レバーなどがあります。

ミネラル・・・ミネラルにもターンオーバーを促進する働きがあります。ターンオーバーを促進することは、ニキビ跡の治療を促進することに繋がります。ミネラルが含まれている食べ物には、魚介類や海藻があります。

・こんな方法も
これらの栄養素はニキビ・ニキビ跡に効果のあるものばかりですが、サプリメントや化粧品に含まれている場合もあります。
ニキビ・ニキビ跡を早く治したいけど忙しいという方は、どこでも摂取できるサプリメントを使ってみてはいかがでしょうか。

参考⇒http://xn--88j5i9c7a7oq855agl2b.jp/

ニキビ跡の隠し方

・ニキビ跡が気になる!

ニキビ、そしてニキビが出来たあとのニキビ跡は、特に女性の方を悩ませています。
ニキビは潰したりするとニキビ跡もできやすくなり、その場合は単にニキビを治すだけでは終わりませんし大変です。
ニキビ跡は、ニキビと同様に治療をすることで治すことができます。

しかし治る期間は人によってさまざまで、完治するまではニキビ跡と付き合っていかなくてはいけません。
やっぱりなるべく人には見られたくはありませんし、知られたくないですよね。
ニキビ跡を見られたくないがために、外出が減ってしまう人もいるのかもしれません。

しかし、ニキビ跡は化粧により隠すことができます。
上手くやればほとんど気付かれる心配はありません。
外出を控えるよりも、治るまでは上手に隠して切り抜けましょう。

・ニキビ跡の隠し方について

ニキビ跡は、化粧によりわからなくすることができます。
例えば問題の箇所にファンデーションやBBクリームを塗り重ねることで、隠すことができます。
色素沈着がある場合は、コンシーラーが非常に有効です。
これにより、日常生活の中で他人にニキビ跡に気付かれるということはまず無いでしょう。

・ニキビの場合は注意が必要

ニキビ跡は、化粧でごまかすこともできますよね。
ニキビも同様に隠すことは可能なのですが、ニキビ跡と違って気をつけなければいけないことがあります。
ニキビは、無理に潰してはいけません。
治るまでは、なるべく触らない方がいいのです。

そのため、化粧を行うときは気をつけなければいけませんよ。
例えばニキビ跡を隠すのに有効なコンシーラーでニキビを隠そうとすれば、ニキビの上から何度も使用しなくてはいけません。
その結果、ニキビが潰れてしまったら・・・。

またコンシーラーには油がが多く含まれており、ニキビとの相性は悪いです。
ニキビを化粧で隠す場合は、パウダーファンデーションのようなあまりニキビを刺激しないものを使いましょう。